成長の芽育成委員会 委員長所信

成長の芽育成委員会 委員長 小森  喬介

近年、コロナ禍、地域コミュニティーの衰退、そして情報ツールの普及といったことが複雑に絡み合い、子どもたちを取り巻く社会環境は大きく変化し、それに伴い子どもたちは連帯感が希薄になり、触れ合いの図りづらい社会になってきています。絶えず変化していく時代だからこそ、地域の未来を担う子どもたちは、変化を受け入れながら、豊かな感受性を磨き、広い視野や未来を切り拓く行動力を兼ね備え、成長していく必要があります。

まずは、山門青年会議所メンバーが子どもたちの抱える問題や課題を把握するために、子どもたちが身に付ける力について私たちが理解し、地域や子どもたちから必要とされ、模範となる大人へ成長する機会を創出します。そして、青少年事業を構築するうえで、次世代を担う子どもたちに何が必要とされているか知るために、地域や学校および社会教育関連機関と連携し、子どもたちの取り巻く現状を学ぶ機会を創出します。さらに、わんぱくキッズアカデミーVOL.4では、子どもたちの健全な発達のために、集約した情報を活かし、地域特有の自然環境に触れ合いながら、子どもたちの絆を深め合い、互いの考えや違いを理解し、協力し合う強い人間関係を築くことで、連帯感や責任感の重要性を学ぶ機会を創出します。また、感受性豊かなこの時期に未経験の物事へ積極的に取り組んでもらうために、成功や失敗を積み重ねることで子どもたち一瞬一瞬の成長の懸け橋につなげられるよう、一つでも多く挑戦する機会を創出します。そして、私たち自身が子どもたちのために、青少年育成ビジョンを共有し、地域から愛される大人へ成長する機会とします。

 山門青年会議所は、地域の未来を担う子どもたちの「成長の芽」が花を咲かせるよう、様々な機会を創出し、子どもたちの健全な成長や愛郷心を育み、未来の主役である子どもたちとともにYMTs2030ビジョンに掲げる持続可能な明るい未来を実現いたします。

<職務分掌>

1.4月例会

2.7月例会

3.青少年メイン事業

4.3分間スピーチ

5.各種団体との交流、連携

6.行政との連携

7.拡大候補者の情報の収集

<委員会日>

第2・第4木曜日

<委員会予算>

400,000円

<委員会メンバー>

委員長   小森  喬介

副委員長  古川 周輝

委員       清水 天

委員       福原 瑠偉

委員       龍 諒

委員       江崎 和成

委員       大木 主税

委員       末次 翔一

タイトルとURLをコピーしました